屋外フリーマーケットの季節がやってきました。

春を告げる桜の季節も終わり、いつの間にか若葉が萌える季節となりました。
私たちハンドメイド作家にとって待ちに待った季節です。そう、やっと屋外でフリーマーケットが安心してできる時期になりました。
歩行者天国や大きな公園・公共施設、大通りなどあちらこちらでフリーマーケットの告知がなされています。私もそうそうに地元の歩行者天国でハンドメイド品の販売にいそしんできました。

さて、この日記を読んだり、実際にフリマを見て「私もやってみたいな」と思う方のために、ちょっとしたアドバイスをいくつか。

まず、売り物やスペースには自分たちの印象に残るものを置いたりすると、そこから話が弾んだり、いろいろな出会いにつながることがあるので、目を引くものを一つでも置いておくことをお勧めします。

また、最近はインターネットのホームページでどのイベントに参加する、と告知をすることもあると思いますが、フリーマーケットに来る方がすべて、携帯電話やスマートフォン、パソコンを使えるとは限りません。そこで、シンプルな内容でいいのでチラシを作ることもいいと思います。物を買わなくても、チラシだけもらっていって読んだ後に運が良ければもう一度、いや、ほかのイベントの時に来てもらえる可能性があります。チラシ、侮れませんよ。

そして何より、自分が自信をもって販売できるものを置く、これが一番大事です。雑なものやパッと見て使い道がすぐわからないものよりは、それが何かわかったり、聞かれて答えられるものを置いたほうがお客様も立ち寄ってくれます。

ハンドメイドのフリマ出店はかなり競争率が高いですが、お互い切磋琢磨するのもまたいいと思います。さあ、みなさんも一度出店してみましょう。