家族でスケートへ

久しぶり夫婦揃って土日の休みがとれたので、5歳と3歳の息子を連れてスケートへ行きました。
小学生までは授業でスケートがあったので、身体が覚えているだろうと信じていましたが、氷に乗るまではドキドキしました。
とりあえず転ぶことなく滑れてホッとしました。
旦那は人生2回目でスイスイ滑ってます。
子供たちは初スケート。
私に似て運動音痴でヘタレな長男は、開始5分で半べそ状態。
次男は、旦那と手を繋いでゆっくりリンクを回ります。
狭いリンクなので大人も子供もゆっくり滑っているのですが時々、子供みたいな大人が、猛スピードで滑ってきて氷の粒を撒き散らしながら壁際ギリギリで止まる…という謎の遊びをしています。
どうやらジャー!!と大きな音を立てて壁にぶつかるギリギリで止まるのが、彼らの中の格好いい行動らしいです。
全く意味不明ですが、ふらふら滑る5歳児の脇を掠めるのは本当に勘弁して欲しかった。
危ない大人が増えて来たので、一時間程で帰ろうとしたら、次男がいないっ。
なんと、1人で滑っていましたが転んでしまってリンクの真ん中で途方にくれてます。旦那が救助に向かい事なきを得ました。
帰りは、回転寿司に寄って夜ご飯を食べて帰宅。
翌日はもちろん全身筋肉痛でしたが、まだ春まで数回は子供たちとスケートへ行こうと思います。