いつもの寝相が

夜いつもどおりに、ベッドでゴロゴロしていましたらいつの間にかうつぶせで寝ていました。
この日は特に寒かったので石油ストーブを付けて寝ていましたので、私は早く眠りますので母親に消すことを頼みました。
消しに来た母親は、お度驚きました。
私も、自分に驚きました。
何と寝相がうつぶせで寝ていたはずが、立て膝を片足立てて壁に寄りかかって寝ていました。
そう、アニメのワンピースのゾロ・るろうに剣心の剣心の寝姿でした。
今の時代では見慣れない武士の寝方をしていましたので驚きました。
前に眠れなくなって、その体制で寝ていた事が多々ありましたが、今回は無意識でしたので驚きました。
母親は、父親に私の寝相を伝えたところ笑っていました。
確かにこの体勢は私の中でしっくり来る大勢です。
何と絶妙なリラックス感と誰かが来た時に直ぐに反応出来る体勢なのでしっくり休めます。
武士の寝方なのですが、この寝方を考えた最初の人間が不思議になります。
因みに女性がやるような寝相ではありませんので、ご注意を。
サムライが好きな男の子でしたら、この寝姿には憧れを抱くでしょうが、やっています私はとにかく落ちて寝たい!の一心で寝ています。
短時間で適度な休息が取れますのでいつの間にかやってしまいます。